ON THE ROAD ~walk slowly~

グランドサークル周遊, US

DSC_1838
ボナルーの後、2日ほど余韻に浸りつつ宿でノンビリして、進路を西へ目指すはアリゾナのフラッグスタッフ。グランドキャニオンの拠点となる町です。

グレートスモーキーマウンテンズでも思い知りましたが、アメリカは車社会のため公共の交通機関が全く整ってません。今回もグランドキャニオンぐらいであれば、シャトルバスやツアーで観光も可能ですが、更に北の国立公園へのアクセスはレンタカーのみとなります。
そこで、予算的には非常に苦しいのですが、2週間レンタカーをしてグランドサークルを巡ることにしました。グランドサークルとは、アリゾナ州、ユタ州の境にあるレイクパウエルを中心に半径230キロの円の範囲を指し、その円の中に10の国立公園とその他数多くの国定公園、国立モニュメントがあるのです。

今回は下記のような行程で移動しました。(2012年6月19日〜7月2日)
1日目:
フラッグスタッフ→グランドキャニオン(サウスリム)(79mile=126km)
2日目:
グランドキャニオン(サウスリム)→グランドキャニオン(ノースリム)(213mile=341km)
グランドキャニオン縦断(Rim to Rim)
3日目:
グランドキャニオン縦断(Rim to Rim)
4日目:
グランドキャニオン縦断(Rim to Rim)
5日目:
グランドキャニオン縦断(Rim to Rim)終了。シャトルバスでグランドキャニオン(サウスリム)→グランドキャニオン(ノースリム)
6日目:
グランドキャニオン(ノースリム)→ザイオン国立公園(149mile=239km)
7日目:
ザイオン国立公園ブライスキャニオン国立公園(111mile=178km)
8日目:
ブライスキャニオン国立公園キャピトルリーフ国立公園(111mile=178km)
9日目:
キャピトルリーフ国立公園キャニオンズランド国立公園アーチーズ国立公園(173mile=277km)
10日目:
アーチーズ国立公園
11日目:
アーチーズ国立公園→ナチュラルブリッジ国立モニュメント→モニュメントバレー(184mile=295km)
11日目:
モニュメントバレー→ページ(123mile=197km)
12日目:
アンテロープキャニオン
13日目:
ページ→化石の森国立公園→フラッグスタッフ(375mile=609km)
14日目:
レンタカー返却

DSC_1780

グランドキャニオンでゆっくりし過ぎたため、中盤以降、移動して公園のトレイルをできるだけ歩いて、テント泊。翌日また移動して、という忙しい感じにはなってしまいました。まあそれぞれ連泊してしまうとグランドサークルだけで一ヶ月ぐらいかかりそうな勢いなので、忙しいぐらいが丁度良かったです。ちなみに上記は公園間の距離なので、公園内を走ったりしてのメーターでの総走行距離約2100マイル(約3300キロ)。最終日は600キロも走っていたのに自分でも驚きました。

この辺の道路は渓谷近くは入りくんだ道もあるけど、ひらすら何もない土地を走り、渋滞なんてもってのほか、ブレーキを踏むことも少なく大体60〜80マイル(100〜130キロ)の早さでノンストップで走ることができます。あ、もちろん法定速度は遵守しましたよ。なので、大阪〜名古屋が200kmぐらいですか?この距離なら2時間ほどの距離ということになります。車もそこまで多くないので、神経を費やす必要もなく疲労感も少なかったです。

DSC_2212

宿泊は国立公園内にキャンプサイトが幾つかあるので、全てテント泊でした。
人気の公園はネットで予約できるようになっており、グランドキャニオンのサイトなどは数ヶ月前の予約開始すぐに埋まってしまうとか。
まあ大抵キャンセルが出て数日前にネットに張り付いていると、案外予約が取れたりはします。今回も2日前にグランドキャニオンのサイトは抑えることができました。
予約を受け付けていないサイトは全て現地での先着順。人気の公園でない限り、昼頃までに行けば、場所は確保できます。アーチーズでは、夕方ごろに着いたため、サイトが一杯になってしまってましたが、国立公園外のサイトに泊まりましたし、サイトがなく途方に暮れるということは無かったです。
値段はスペースで10〜20ドルほど。ホステルに泊まるのと同じ程度の値段ですが、国立公園内の割高なホテルやロッジに泊まることを考えると安いんじゃないかと思います。
もしアメリカの国立公園内を訪れることがあれば、是非キャンプ泊がオススメです。大抵は木々に囲まれた静かな森の中でよりアメリカの大自然を身近に感じることが出来ます。
また、リスや鹿などが出るので、食品、ゴミ、匂いのする石鹸類などはすべてフードロッカーへ入れることが義務付けられています。これがこれからの公園では、まさに熊対策のベアボックスが用意されているんですが…

DSC_1355
グランドキャニオンノースリムのキャンプサイト。

DSC_1905
アーチーズのキャンプサイト。隣にはコロラド川が流れています。

食事はワンバーナーを持ってきてるので、基本的には自炊です。
まあ、得意の袋麺(日清のオリエンタルフレーバーなんてまさに醤油ラーメン!!)や、パスタを茹でて出来合いのソースをかけたり、食パンにジャムやツナを塗ったりという程度です。
ちなみにワンバーナーのガス(プロパン?)はプリムス、MSR、ノースピーク、その他メーカーのものが割と手に入ります。(日本では推奨されてませんが、カードリッジとガスは他社製のものでも今のところ問題なしです)。コールマンは、プラグが逆なので、コールマンのカードリッジしか使えません。と、まあどうでもいい情報ですね。今後、このガスも手に入りにくくなりそうなので、ガソリン、灯油でもガンガン使えるMSRのウィスパーインナーナショナルが欲しい今日この頃。

DSC_1461

こうしてレンタカーを自分で運転していると、バスで移動している時とは違った風景が流れて行きます。
自分の目の前にひたすら延びる道路。小さな乗用車だからこそ感じる道路の凹凸。たまにすれ違う車を運転する人の表情。道を横切る動物たち。
正直なところ運転自体はまったく退屈しないとは言い切れず、バスに比べると疲労度も大きいのですが、そんなバス移動では感じることの出来ない小さな物事との出会いが新鮮に感じられます。よりダイレクトにその大地を感じれるような気がします。これが徒歩、自転車だとなおさらなのでしょう。
車での旅。嵌ってしまいそうです。

DSC_2170

DSC_2216

DSC_2211

次回から、今回訪れた各国立公園を紹介したいと思います。

D7000 + 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR

http://www.flickr.com/photos/powerwoods/sets/United States/
[PR]
by powerwoods | 2012-07-17 07:18 | United States