ON THE ROAD ~walk slowly~

グランドキャニオン国立公園, US

日本名:グランドキャニオン国立公園
正式名:Grand Canyon National Park
地域:アリゾナ州
面積:4927 km²
創設年:1919年
URL:http://www.nps.gov/grca/
備考:世界自然遺産(1979年)

DSC_0854

グランドサークル一発目の国立公園は言わずと知れたグランドキャニオン。
グランドキャニオンであれば既に行かれた方やいつか行かれる方も多いんじゃないかと思います。
フラッグスタッフから車で1時間半、ラスベガスからでも一日で観光が可能な国立公園で、アメリカ第二位の入場者数を誇る国立公園です。

DSC_0871

この一帯の大地は、約18億年間、海や森林、砂漠など様々な環境での時代を経て今に至っています。
各時代に堆積された土や砂、泥、そして当時そこに生きた動植物たちを各層にとどめています。
その土地が約6000〜7000年前に8000メートル地点まで隆起し、その後ロッキー山脈が出来上がるとともに流れの変わったコロラド川がその土地を削り始め、現在のような深い渓谷を作り上げたのです。
今後、といってもまた気が遠くなるような年月をかけて、川はさらに渓谷を削り、モニュメントバレー(今後紹介します)の様に平原に塔のような岩だけが残るかもと言われています。

グランドキャニオンの観光は主に二種類、南側に位置するSOUTH RIMからの観光と、渓谷の北側に位置するNORTH RIMからの観光とがあります。
一般的に訪れるこのが多いのは南のSOUTH RIMで、北のNORTH RIMはアクセスの悪さもあり、さらに北部の国立公園とあわせて回る場合に訪れることが多いようです。
両方訪れましたが、特にこだわりが無い限り南側のSOUTH RIMだけの訪問で問題ないかと思います。

DSC_0956

今回、到着してキャニオンを見た時の感想は、とにかく大きい。
あまりに大きすぎてあまりその大きさを実感出来ないほど。
というのも、今回到着したのは昼前後でキャニオンに陰が出来ずその実態が把握しずらいと言われているのです。
到着後、トレイルを歩いていると、時間が経つにつれてキャニオンに陰ができ、渓谷の上部は持ち上がり、谷間はさらに深く刻まれたように感じ、その大きさを立体的に感じることができます。
ガイドブックにも書かれてますが、訪問するのであれば、是非早朝か夕方の時間帯がおすすめです。
欲を言えば、ホテル(べらぼうに高いのですが…)やキャンプをして、国立公園に一泊し、ゆっくりと滞在するのがいいでしょう。

DSC_0678

DSC_0715

また特に6月〜8月の夏の時期は昼間は本当に暑いです。
昼間は食事などをゆっくりとったりお土産の購入に時間をあてるといいでしょうね。
逆に冬は雪も降るようです。まあなんとも過酷な土地ですね。

翌日の早朝も朝からキャニオンを歩いて、午後に北側のNORTH RIMへ向かいました。
北側から渓谷を下り、コロラド川から南側を上る、RIM TO RIMに挑戦したのですが、これはまた次の記事で。

DSC_0948

DSC_0902

DSC_0942

DSC_0927

DSC_0842

DSC_0686

DSC_0763

DSC_0807

D7000 + 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR

http://www.flickr.com/photos/powerwoods/sets/United States/
[PR]
by powerwoods | 2012-07-17 10:50 | United States