ON THE ROAD ~walk slowly~

<   2006年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

夏の雲

いやはや、いよいよ夏らしくというか、『THE夏ッ』といった太陽と青空と雲が出てきましたね。
みなさん、夏してますか??
僕はというとまったく夏してましぇん。

あぁ、ちくしょう、夏しってえぇ!
ってことで行ってきました、大阪最高峰金剛山へ。
a0073360_17523543.jpg

原付で登山道入り口まで行き、そこから久しぶりの自然の中を歩き、自然の香りを楽しむ。
木と土の香りがたまりませんでした。
登るにつれて涼しくなってきて、頬も緩みはじめます。
大体一時間ぐらい登り続ければあっというまに頂上にたどり着き、そして、お約束の頂上でのおにぎりはやっぱりたまらんとしか言えないです。
頂上付近でのんびりとしてから下山しました。
九時に家を出て、帰宅が一時とショート登山でしたが、結構満足できました。
今日もなかなかの休日でした。
また、気が向いたら行きたいと思います。

というか、夏といえば海とか、花火とか、夏フェスですよね、普通。
相変わらずネジのぶっ飛んだワタクシですが、今度の休みこそ夏を満喫します、シシシ…。

今日のミュージックステーションにレッチリが出るらしいですね。
デスノート効果でしょうか?
新譜まだ聞いてないんですが、期待せずに、いや、ある意味期待して見たいと思います。
[PR]
by powerwoods | 2006-07-28 17:43

雨の日に陰日向

a0073360_147568.jpg

ここ一週間はバイトが忙しくて、七連勤と残業のおかげで家に帰ると眠たくなるという久しぶりの感覚を味わえました。
そして、今日は待ちに待った久しぶりの休みでした。
山でも登ろうかと思ってましたが、朝から雨で家でゴロゴロ。
正直にいうと雨が休養のいい言い訳になってくれました。
いつものことです。
次の休みこそ山に行きたいです。
いや、行きます!!
っと気張ってみるのもいつものこと…

そんなことはどーでもよくて、今日は友達から薦められて劇団ひとりの『陰日向に咲く』を読みました。
読みやすく一気に読めました。
ホームレスに憧れるサラリーマン、売れないアイドルを一途に愛する男、小心のギャンブラー、「一応」カメラマン志望の女の子に売れない芸人に恋して上京した女の子など、社会とうまくやっていけない人々、落ちこぼれたちの短編小説です。
ほんとに馬鹿でダメなやつらなのに、何故か笑えて、泣けて、よかったなあって思ったり、応援したくなります。
たぶん彼らも劇団ひとりのつくりだした劇団員たちで、アイをもって彼らを描いてるからなのだと思います。
また、それぞれの物語がどこかでリンクしていて、それを発見するたび何故かうれしくなります。

話題の作品ですが、よい休日を過ごさせてもらい、大満足でした。
[PR]
by powerwoods | 2006-07-19 01:57

魚の目

a0073360_2129987.jpg

パタゴニアの空はでっかい。
椎名誠さんも書いてたけど、どかーんとどでかい。
パタゴニアにはそこに遮るものがないから世界の半分以上を占めるかのように、ドカーンとどでかい空が広がってる。

去年の十二月から今年のはじめにかけてパタゴニアを旅したとき、その空のでかさに圧倒された。
そしてそれをカメラに収めたく思った。
けど、そのためには僕のもっていた35mmとか32mm程度の広角じゃあまったく収まりきらなかった。
できれば25mmぐらい。それ以下なら文句なく、魚眼もおもしろそーやなー…と、虚しいパタゴニアの寒空の下そんなことを思った。

前ふりが長くなりましたが、そんなこんなでデジカメ界的望遠主義とは逆行し、超広角の世界にぼんやりと憧れを抱くようになりました。
そして、先日、発売されたばかりの魚眼のトイカメラ、ロモのフィッシュアイ2を購入しました。
お気づきとおもいますが、前の二個の記事の写真はそれに付いていたファインダーを携帯カメラにくっつけた遊び写真です。
正直覗いているだけでおもしろいです。
人間の視野がだいたい左右に45度の計90度といわれてますが、それ対してフィッシュアイだとその約2倍の170度の画角を持っています。
なので、このファインダーを覗きながら歩いたら、普通の人の二倍、いや、上下左右に二倍だから、約四倍の情報量を得られることになります。
そんなら、もう覗きまくって撮りまくるしかないでしょっ!!
ってことで、今日はバイト終わりにミナミをブラブラ、カシャカシャしてきました。
なんとなしに一人じゃあれなんで、そこのあなた!今度一緒に情報量四倍の世界を堪能しませんか??

http://www.lomography.jp/lomography/
[PR]
by powerwoods | 2006-07-13 21:16

ハーフウェイトゥーヘル

a0073360_21301024.jpg

久しぶりなので、書くことが山ほどあるとおもいきや、たぶん一週間もネタがもたないであろう、今改めて薄っぺらな生活をしていることに気がついたパワーウッズです。

とりあえず、近況としまして、先日大学で唯一テストのある授業の西洋史特講のテストがありました。
特殊講義という名をいいことに、どこかの大学からやってきた助教授やらが、完全自己満足で自分の研究分野や研究成果を学生にぶつけてくるというまったく迷惑な授業なのであります。
ちょっとでも「え?それっていいんじゃないん?おもしろいやろ!」と思った人この授業を受けてみてください。
そのなんとも言えない閉塞感と哀愁感で何故か涙が出てくること間違いないです。
とはいえ、去年までの天敵であったヒゲがめでたく某大学の教授に就任したということで、ラクラクゲットとさせていただきます。
三年間色々な授業で戦ってきた天敵の去った今、風は追い風!
ただ、風に乗って突き進むのみであります。
幸い新しい助教授は特講のわりにライトなテーマを扱ってくれたおかげでヒヤヒヤながら、たぶん良はいただきです。
これで、卒業はほぼ決まり!?

そして、実はこれで前期の日程は終了です。
世間の人々には申し訳ないですが、これから丸々二ヶ月プラスその後も半年間休みのような日々が続きます。
正直如何なもんかとも猛烈に思ったりもしますが、いろいろやりたいこと山積みなので、学生生活の最後を楽しみ、人生のステップになる日々になればいいと思います。

では、ごきげんよ~!
[PR]
by powerwoods | 2006-07-12 21:04

おひさしぶりでごじゃります。。

どーも、中南米グータラ奇行「さぁ~て、中南米で何しよかいのぉ~」の帰国後のブログ、「LA VIDA DURA(ひどい生活…)」が始まります。
題名からもわかると思いますが、帰国後三ヶ月、まったくひどいダメな生活を送っております。
まあ、その生活の詳細は追って、気が向けば書きたいと思います。

実は一ヶ月前ぐらいに酔っ払って勢いあまってこのブログを作ったんですが、今日初投稿です。

ところで、とうとうワールドカップが終わりましたね。
昨日はウトウトしながら、決勝戦を見ました。
といっても、見れたのは前半終了時とPKで最後のシュートだけ…
あとは全部爆睡で、ジダンの退場は朝のニュースで見ました。
あの頭突きを見て朝から何故かとてもブルーになってしまいました。
あれが最終試合でジダンはコートを去ると思うと、特別ジダンファンていうわけでもないけど無性に寂しくなりました。。
この寂しさをどうにかしようと、ふと思い出しあるものを四年ぶりに引っ張り出しました。


四年前、いや五年前かな。
ワールドカップのチケットをゲットすべく、高校で友達と二人毎日のようにカップラーメンを食べていた。
近所のドラッグストアでまとめ買いし、十円上乗せで売ったりもした。
そんなこんなで、一、二ヶ月で二人で百食ぐらいシールを集めた。
狙うはもちろん長居競技場で行われる日本対チュニジア。
たしか一口十枚ぐらいやったから、二人で十口ぐらいを馬鹿みたいに本気で祈りながら送った。
そして、受験も近づきそんな不健康だった日々も忘れていたころ、帰宅するとなんだか巨大な贈り物が。
高校生の自分宛にくる荷物なんてそう無い。
恐る恐る開けてみると、デデ、デタっ!!
a0073360_0163351.jpg

あの二ヶ月の結晶はこんな形で返ってきた。
テンションが上がって、学校に持っていき、ジダンの『ボナペティー、食べるジダンダ』という間抜けな声を聞きながら、久しぶりにカップラーメンを食べた。

あの時楽しませてもらったジダンのジダンダ。
五年ぶりのジダンもあの時と一緒で呑気に『ボナペティー、食べるジダンダ』と言っている。
カップラーメンを食べたくなったけど、今はこっそりと健康週間なのでここはぐっと我慢して、ランニングにでもいこうと思う。

どんな形にしろ、彼の時代は終わり、そして、いろんな形で彼は僕らの中に残っていきます。
きっと多くの人の記憶では、あんなことがあっても、彼のプレーは錆びることなく輝き続けるはずだと思います。
もちろん僕はコート上で恥ずかしそうに笑い、また奇妙な言葉を発しながらぎこちなく地団駄を踏むジダンの姿を一生忘れないと思います。

では、今日はこの辺で。。
[PR]
by powerwoods | 2006-07-10 23:20