ON THE ROAD ~walk slowly~

<   2007年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

フロム漫喫より

ブラジル、サンパウロより30~40時間かけて、なんとか23日に大阪、河内長野の自宅に辿り着きました。
いやはや、今回はせわしなく移動しっぱなしで、しかも最後に荷物をパクられただけあって、ほんまにばたばたの帰国でした。
もうこれまでの人生でも上位に入るぐらいに疲れ切って、フラフラになりながら帰宅しました。
一日遅れですが、とりあえず無事帰国の報告です。

リオでの一件ですが、まあ僕の不注意です。
旅の最後で、完全に腑抜けてました。
コパカバーナのビーチで泳ごうと思い、夕方に地元の釣り人に荷物を見といてもらい、海に入ること10~20秒後、その釣り人の「ラドローン、ラドローン(泥棒、泥棒!)」の声で振り返ってみると、もう荷物はありませんでした。
もう泥棒の影も無く…
人間ほんとに予期せぬ不幸が起こると頭を抱えるものなんですね。
まあ、一分後には切り替えて、その後を対策を考えてましたが。
後から他の人の話を聞くと、地元の釣り人も泥棒から荷物を守るために闘うと、銃社会リオでは死を意味するらしく、その釣り人を責めることもできませんでした。
ただ、自分の愚行を責めるのみです。

被害は20ドル程度とデジカメ、ガイドブック、日記、Tシャツ、ズボンなどです。
その時はパン一で泳いでいたので、鞄をパクられた後、パン一で街中をさ迷い歩き、そんな自分がなんとも情けなく、また喜劇的でもあったので逆に面白くなって一人でニヤニヤしていました。
完全にクレイジージャパンです。
デジカメもデータの半分はIPODにバックアップを取っていたし、今回は保険も効くので、大した問題ではありません。
よく思い出はプライスなんていいますが、写真=思い出ではなく、自分の体に残った感覚やらをプライスレスな思い出として色褪せないようしっかりパッキングして、なんとなしにかっこつけてこの問題を治めたいと思います。

今ミナミの漫喫からこの記事を打ってます。
大学五年間の腐れ縁の友人を新潟へ見送って、二軒目に飲みに行ったら、もう終電なんて乗ってられっか!と調子をぶっこいて漫喫に来てしまいました。
日本二日目で漫喫とは何やってんやろ?
といいつつ、やっぱり何気に楽しいです。
そして、無性にラーメンが食いたいです。
旅行中せっかく4キロほど減ったのに、やっぱり桜木花道上等のリバウンド王への道まっしぐらになりそうです…

では、なんだかよくわかりませんでしたが、一応帰国の報告ということで。
[PR]
by powerwoods | 2007-03-25 08:15

I GAT IT!

いや~、やりました!
というか、やっちゃいました!
というか、やられちゃいました!

リオデジャネイロのビーチで泳いでいたら、カバンを見事にぱくられちゃいました…

前日に強盗を目にして、あ、この町やばいな。といやな予感がしてたんですが、予感的中です。
まあ、被害はでかくはありませんのでご心配なく。

最後の最後でほんとやってしまったんですが、学生時代5年間の旅行を通して一度も盗難らしい盗難にはあってなかったので、経験としても、事後処理についても勉強になったと考えて、まあよかったんでねえかなと思っています。

ってか、もうサンパウロの空港に向かいます。
一ヶ月の旅ももう終わり。
では、日本で!
[PR]
by powerwoods | 2007-03-22 04:49

サルバドール

奇跡の4連続投稿ということで、いよいよアクセル全開ですが、この旅も残り4泊となりました。
いやはや、毎度早いもんです。

なんでも昨日書いた某世界の不思議発見隊がギアナ高地上陸&レンソイスを再放送したようで、ほんと人事ではなくありがたいこってす。
遠い国ですが、行く価値はあると思います。
ちなみにレンソイスは移動だけで30時間。
乗り継ぎ、宿泊を考えると恐ろしくなります…
ギアナ高地もしかり…
はあ、航空機大革命でも起きて、せめて日本から南米までを12時間ぐらいに抑えてくれんもんやろか。

まだサルバドールにいます。
ブラジルの印象として、言葉と書きましたが、まあまず感じるのがごちゃ混ぜ感でしょうか。

飯はとにかくごちゃ混ぜ。
ほとんどの安食堂ではバイキングのように取りたいだけ取り、それを量って料金を出します。
サラダからご飯、パスタ、肉、魚、煮込み料理、フルーツとそれをどっさり盛って、そこにファリージャと呼ばれる黄色い粉をかけます。
これはマンジョーカという芋を粉末状にしたもので、ブラジルで一番食べられる食べ物といっていいと思います。
そんなわけで、盛っていく時点でぐちゃぐちゃになります。
食えばさらにぐちゃぐちゃです。
味も素っ気もなくなってくるわけです(正直うどんが恋しい…)

道はとにかく汚い。
多くの途上国ではそうですが、道をゴミ箱とみなして道端はごみであふれかえっています。
まあ、それによって新たにゴミ収拾者という職業を生んでいるわけですが…

そして何より人間がごちゃ混ぜ。
白人、黒人、アジア人となんでもありです。
もう誰がブラジル人で誰が旅行者なのかわからない感じです。
まあそんなことはどうでもいいことなんでしょうが…
いやはや、面白い国です。

と、まあ勢いで今いるサルバドールの話をしようと思ったのですが、頭の中がグチャグチャごちゃ混ぜのブラジル的脳みそになってきて、文章も完全にまとまりがなくなってきたので、中途半端ですがここで放棄です。
とりあえず、伝えたかったのはブラジルのぐちゃぐちゃ感ということで。
もちろん褒め言葉です!

でば、ずびまぜんが、ごのべんで…
[PR]
by powerwoods | 2007-03-18 08:00

レンソイス

どーも。
サルバドール満喫中です。

一週間前にサンルイスからバイレリーリャスという小さい町まで出張して、レンソイス国立公園へ行ってきました。
レンソイス国立公園は1550k㎡あり、東京23区が二つすっぽりと入ってしまうという砂丘地帯のことで、近年ブラジル国内で注目され始めている観光地です。
日本でも1~2年前にTBS系の世界の不思議を発見しまくっている番組で取り上げられ一気に知名度を上げたらしいです。

バイレリーリャスを出て、トヨタのどでかいジープで林の中の凸凹道を走り、横揺れ、縦揺れ、アブの襲撃を乗り越えて、一時間程度で砂丘地帯に到着します。
林を抜ける最後の丘を歩いて超えると、目の前に度で書く砂丘が現れ、何でもここの砂は水晶の成分からできているらしく、砂丘は一面真っ白と輝いています。
また、ところどころに大小さまざまな池があり、エメラルドグリーンに輝くその池で泳ぐこともできます。

そんな景色を見て、ちょうど一年前に卒業もせんのに卒業旅行と称して行った鳥取砂丘を思い出しました。
つまりは、まあ鳥取砂丘の何百、何千倍の真っ白な砂丘に、鳥取砂丘にもあるような水溜りのような池があるのを思い浮かべてもらうとわかりやすいと思います。
つまりは結構すごいところです。
鳥取砂丘で感動した人は是非一度。
a0073360_8583610.jpg


歩○方にはまともな情報がないのでレンソイスのツアーなど簡単な情報ノートを。

サンルイス→バイレリーリャス行きのバス(26レアル)
06:00
08:45
14:00
19:00

バイレリーリャス→サンルイス行きのバス(25レアル)
06:00
09:00
14:00
18:30

バレイリーリャスの宿-十数軒あり 15レアルぐらい~

レンソイス国立公園行きのツアー(通称トヨタ)
30~40レアル
9時半発3時戻りと2時発6時戻りのツアーあり

ジャカレー行きのボートツアー
40~50レアル
要はジャングルクルーズとビーチ観光
8時半発のみ

上の二つ上空の遊覧飛行
120レアル(多分これぐらいっていってたはず…)
所要二十分

サンルイスからも二つのツアーはあり。

a0073360_8585166.jpg

と、まあ久しぶりに観光情報らしいものを書いて見ました。
今NHKが取材中らしいので、放送を楽しみにしておいてください。
ここでもまたわかれば報告します。
さて、仕事も終わり、飲も飲も!!
[PR]
by powerwoods | 2007-03-17 09:02

旅の醍醐味

ブラジルの古都サルバドールに到着しました。
まったく不本意ながら、偶然日本語が打ててしまったので珍しく連日投稿しちゃいます。

ブラジルに入ってまず今までと違うのが言葉。
ご存知の通り中南米では公用語としてほとんどの国でスペイン語が使われているので、国によって多少の訛りのようなものはあるものの、一度スペイン語を学んでしまえば中南米約15カ国を問題なく旅行することができます。
しかし、南米の約三分の一を占めるブラジルの公用語はポルトガル語ときたもんで、ずっとスペイン語圏を旅行してきた旅行者にとって、まず第一関門となります。
こっちの人に言わせれば、スペイン語とポルトガル語は親戚なようなもんだから、たとえばブラジル人とペルー人の意思疎通ってのは何の問題もないぞ、とのこと。
でも、それはあくまでどちらかの言語を母国語にしている人間同士の場合で、僕のような俄スペイン語スピーカーにとってはもうお手上げ状態です。
ありがとうはスペイン語でグラシアス、ポルトガル語ではオブリガードです。
うーん、似てますか?

とはいっても、言葉の不自由するのは旅の醍醐味。
言葉がわからなくて、身振り手振りで町を彷徨うのは、なんとも不安で、またワクワクするものでもあります。
新鮮な気持ちでブラジルを旅ができるので、これもまたムイトボン(ベリーグッドの意味)です。
[PR]
by powerwoods | 2007-03-16 08:52

久しぶりに。。。

というか、この旅始まって初めてまともに日本語を打てるネット屋へ巡り合えました。
今までの日記をどうするかと考えて、即答で「もういっか」と返ってきたので、またいつか書きます。

さて、今までの行程としてはまずアメリカ、ダラス経由でベネズエラ、カラカスに入り、空港で一泊後、世紀末的世界のカラカス(昨日カラカス出身のバックパッカーと喋ったら、カラカスの人間で一度も犯罪に巻き込まれたことのない人間はいないとのこと。彼は車強盗にあい、銃を突きつけられて一時間ほど車を走らされ、山の中で捨てられ、犯人はそのまま彼の車で走り去ったとのこと…ふーん…)を早々と脱出し、シウダーボリーバルを経由、ブラジルとの国境サンタエレナへ。
サンタエレナでは、写真をアップしたようにギアナ高地をトレッキングしてきました。
登ったのはギアナ高地でも最もポピュラーなロライマ山。
標高はあまり高そうに見えなくても2800メートル近くあります。
四泊五日の全工程を気持ちよく歩いて、大満足でした。
ただ、ロストワールドを直前に読んだだけあって、恐竜やら猿人がいつ出てくるかハラハラしました。
って、んな乙女チックな妄想なんてのはまったくなかったのですが、初日、二日目と遠くから眺めるギアナ高地は完全に下界とは隔絶された世界のようであり、そこに別の生態系が確立されていても不思議ではないなあと、なんだかワクワクしました。

その後、ブラジルへ入り、マナウスに入りました。
予定外にアマゾンロッジに泊まってアマゾンを満喫。
ピラニア釣り、ジャングルトレッキング、ワニ狩り…
アマゾン最高の一言です。
是非、一度行ってほしいところです。

マナウスを出て、べレン、サンルイスと移動してきて、気がつけばこっちに滞在もあと一週間しかありません。
未だブラジル北部で帰路の出発地であるサンパウロまでまだ何千キロとあることか?
その間にいくつの魅力的な町があることか?
毎度のことではありますが、後は泣く泣くぶっ飛びカードを使ってゴールの日本までほとんど一直線になりそうです。

卒業も確定して、心のどこかで逃げていた本当の意味での卒業旅行になってしまいました。
旅ももうすぐ終わり、バックパッカーからも卒業ということでどんどんセンチメタリックになっています。
でも、最近はいつかまたこんな旅をするんだろうかという気持ちは徐々に薄れてきて、ピーターパン症候群も快方に向かい、まったく不本意ながら大人の階段ならぬ大人へのエレベーターが勝手に猛スピードで動き出したような気分です。
まあ、じたばたしてもシンドラー社じゃあるまいし止まることはないので、楽しんでそしてやっぱりのほほんと旅をつづけます。

ではでは、久しぶりにツラツラと自慰も終わり、お後はまったくよろしくないようなのですが、この辺で失敬させていただきます。
チャンチャン♪
[PR]
by powerwoods | 2007-03-15 06:36

AMAZON

a0073360_521051.jpg
a0073360_7154923.jpg
a0073360_523119.jpg
a0073360_52465.jpg

I almost give up to write in japanese.
so,I send pictures.
By the way,I get guraduation?of university!!
[PR]
by powerwoods | 2007-03-13 07:17

RORAIMA

a0073360_4362648.jpg

a0073360_4365766.jpg

a0073360_437145.jpg

a0073360_4483926.jpg

[PR]
by powerwoods | 2007-03-11 04:38

The New Day Rising

I really enjoyed my travel.
I went up to the top of RORAIMA, GIANA KOUCHI.

Now I`m in MANAUS,BRAZIL.
I stay Amazon Lodge where is river side of amazon and jungles.
I enjoyed fihng and trecking and eating.

I´m sorry for writeing in English.
I´m poor at english and I can´t expoklaldlfgdf934879dsaojf josj odaj o j ofdajie39ui5iao38948oadikfgosaj094jnd0jdas04ask0oj000000000000000000000000000000

FUUU......CHAO!!!
[PR]
by powerwoods | 2007-03-06 10:51