ON THE ROAD ~walk slowly~

<   2010年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

そして旅は…

P1010688

以上で終了です。
26歳まだまだモラトリアムまっただ中。
次はどこに行こうか日々悶々としております。
まだまだ旅はつづくのであります。

日々の写真はこのここにいろいろアップしてますので、よければどーぞ。
http://www.flickr.com/photos/powerwoods/
屋久島のその他の写真はこちら(いま制限かかってますのでまた追々)。
http://www.flickr.com/photos/powerwoods/sets/屋久島/

P1010565
[PR]
by powerwoods | 2010-05-23 13:10

もののけの森

P1010624

連投。

屋久島が小さな島に2000m近い山があることは説明済みですが、地域としては暖流黒潮が流れる亜熱帯気候、暖かく湿った空気が山にぶつかり雲となって雨を降らせます。
月に35日間雨が降ると言われ、今回も毎日雨に降られた形となりました。

これによってもののけ姫のモデルともなった苔むした森が出来上がります。
正直あまり期待はしていなかったのですが、今回の旅で一番感動したのが「もののけの森」と呼ばれる苔むした森でした。

多少の補正加えてますが、ほんとに濃い緑色だけの世界。
白谷雲水峡の奥の方にあり、一日あればのんびりとトレッキングが楽しめるので、時間がなくてもここだけは是非見ていただきたいです。

P1010572

P1010604

P1010627

P1010619
[PR]
by powerwoods | 2010-05-23 12:37

屋久杉

P1010427

いい加減ほったらかし過ぎなので、まとめて書いてしまいます。

先日の屋久島は花崗岩でできた島という話の続きから。
岩でできた島の表面を土が覆ってる程度なので、土壌の栄養分が少なく植物が育ちにくい。
逞しいもので杉はそんな環境の中成長しているわけで、本州の杉に比べて一年の成長がすごい遅のです。
本州の杉が一年に1cm程度成長するのに比べて、屋久島の杉は1mm程度しか成長しないとか。
また栄養を蓄える力が強く、木の油分も普通の杉に比べて3〜6倍程度あるようです。
そのため年輪の幅が狭く、油分が多いため、長生きで腐りにくく香りの強い屋久島特有の杉が育っているのです。

樹齢7000年以上と言われている縄文杉を始め、名もなき大きな杉があちらこちらに乱立していて神々しい登山道は旅のハイライト。
ただ早朝からの登りは屋久杉観光のためハイシーズンは行列ができるようなので、次期を外すなり、山小屋一泊で時間帯をずらすことのがおすすめです。

DSC00167_2

P1010269

P1010401

P1010415
[PR]
by powerwoods | 2010-05-23 12:15

三岳

P1010445

まだまだ続きます。もうしばらくお付き合いくださいまし。

数年前の焼酎ブームの時、バイトしていた居酒屋でも置いていた「三岳」。
屋久島を代表する芋焼酎で懐かしい再会で山にも持っていきました。
三岳という名前の由来は、島の最高峰でもある宮之浦岳(標高1,936m)とそれに連なる永田岳(標高1,886m)、黒味岳(標高1,831m)からの三つの岳という説があるようです(確かではありませんので悪しからず)。

前も書きましたが、1,700mぐらいを超えると森林限界地点を超えて、笹と奇岩だけの世界が広がります。
今回の旅行のハイライト的な位置づけで楽しみにしてたのですが、生憎の曇りのち雨。前日の午前中は快晴でまさに空中散歩が楽しめたとか。
ん〜、また行かねばです!

屋久島は温泉も多く、山も高く火山島とイメージしてましたが、火山島ではないそうです。
プレート活動によってできた花崗岩が、海の上に浮き上がった形で出来上がった島で、山頂付近の奇岩はその花崗岩です。
まあこの辺が屋久杉とか独特な生態系を形作る一つの要因にもなってるのですが、それはまた次回ということで。

P1010343

P1010331

P1010370

P1010375
[PR]
by powerwoods | 2010-05-02 15:27