ON THE ROAD ~walk slowly~

<   2011年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

山ごはん(アンチョビのクリームソースパスタ)

早速、第二弾。
今回もPEAKSの2011年3月号の「ピークス食堂のお品書き」より「アンチョビのクリームソースパスタ」。

1、パスタソースとして、オリーブオイル、ニンニク、アンチョビ(今回はアンチョビソースを利用)、ワイン、黒こしょうを炒めて、レトルトのクリームソースを投入。

DSC_0003

2、パスタは今回はペンネを利用。その他、何でもありですね。
茹で時間残り1〜2分程度でキャベツなど野菜類を投入。

DSC_0005

3、以上、二つを絡めて完成!!簡単ですな〜

DSC_0007

山ではソースがメンドクサそうなので、パスタ&レトルトソースのみになりそう。あ、それならこの企画の存在意義が…まあ、実は料理の写真が撮りたかっただけだったりするので、また気が向いたらということで(笑)!!
[PR]
by powerwoods | 2011-06-20 01:32

山ごはん(海苔バターもち)

山ごはん。夏のアルプス挑戦に向けて、登山の時はインスタントラーメン、レトルトもいいですが、ちょっとは手のこんだものを食べたいなと思いついた企画。
あと、旅友のこばさんの男子ごはんに影響されて料理でもしたいなと思ったけど、手の込んだものは一切作れないので、自ずからお手軽なアウトドアメニューになったという次第…。

ちなみに、レシピはPEAKS、山と渓谷あたりの山雑誌に掲載されているものを参考にしております。
基本ルールとして、作るのと片付けが簡単なこと、山用の道具で作れること、火気はワンバーナー一つで作れること、食材は軽くて日持ちするものを使うことなどです。

あ、尚、私は土、日の昼間にラーメンを作る程度で、料理はほとんどしません。そのへん踏まえてお手柔らかにお願いします。

まず、第一弾はPEAKSの2011年3月号の「ピークス食堂のお品書き」より超簡単レシピ「海苔バターもち」。

1、バターでお餅が焦げないように弱火でじっくりと揚げるように焼いていきます。

DSC_0065

2、中まで火が通ったら、醤油をつけて、海苔で巻いて完成(笑)!!

DSC_0069

山で食べたらうまいやろね〜
バターはレストランなどで置いてる小分けのものや、チューブタイプのものがあれば便利。
[PR]
by powerwoods | 2011-06-20 01:13

春(東京)

DSC_0506

鎌倉観光を終えて、東京へ。結局、飲み過ぎな3日間となりました。

DSC_0431

今回の上京の一番の目的は、5月3日の日比谷野外音楽堂のFISHMANS+のライブ。
http://www.fishmansplus.com/

IMG_0612_2
iPhone4

まさか生で見れる日が来るとは…「8月の現状」(紙ジャケ)と同じ光景というのがまた胸が熱くなります。
公演当日は一時間前ぐらいから雨が降りだして、開演と同時に本降りに。”まるで魚になった気分だよ”という歌詞の通り、ユラユラとみんな”まるで水槽の中の魚”のようでした。公演終了ごろには雨もやんでいたので、これはきっと佐藤君のいたずらで今頃ニヤニヤしてるんだろうなと想像してしまいました。
ライブ自体は、今思えば半分夢のような時間やったけど、とてもピースフルな空間で楽しかった。
フィッシュマンズのリユニオンに関しては賛否両論いろんな意見が有るとは思うけど、リアルタイムで聴けなかった自分としては、残ったメンバーがフィッシュマンズの音楽を鳴らしてくれるだけで、うれしいのです。
今回の公演名となった”A Piece of Future”の通りに、佐藤君という過去へのベクトルよりは未来への展開を期待させる内容になっていたと思います。でも、やっぱり佐藤君がいればどうなってたんだろうか、とか考えてしまいますよね(悲観的にではなく)。

メモ的にセットリストを。

FISHMANS "A Piece Of Future"
2011.05.03 日比谷野外音楽堂

1.I DUB FISH (茂木欣一)
2.Magic Love (ハナレグミ)
3.エブリデイ・エブリナイト (原田郁子)
4.頼りない天使 (七尾旅人)
5.感謝(驚) (七尾旅人)
6.in the flight (原田郁子&七尾旅人)
7.WALKING IN THE RHYTHM (ハナレグミ)
8.baby blue (やくしまるえつこ)
9.just thing (やくしまるえつこ)
10.土曜日の夜〜Smilin' Days, Summer Holiday [DUB MEDLEY]
11.Weather Report (原田郁子)
12.A Piece Of Future (BOSE&やくしまるえつこ&七尾旅人&原田郁子&永積タカシ)
13.ひこうき (茂木欣一)
14.いかれたBaby (ハナレグミ)
15.ナイトクルージング (七尾旅人)
Enc.1 SEASON (Vo.茂木欣一)
Enc.2 新しい人 (七尾旅人&原田郁子)
Enc.3 チャンス (Vo.全員)

出演:茂木欣一、柏原譲 、HAKASE-SUN、木暮晋也、zAk、飴屋法水、小山田圭吾、勝井祐二、カントゥス、沢田穣治 with Strings、永井聖一、七尾旅人、ハナレグミ、原田郁子、Bose、やくしまるえつこ


ちなみにこの日は、席が両隣の人(リアルタイムで聴いていた先輩お二人)と意気投合して公演後に飲みに行ったら、見事に飲み過ぎてどうやってホテルまで辿り着いたか覚えてないというオチが御座いました(苦笑)。


Fishmans - Piece of Future (Live) - (1998.10.10.sat@日比谷野外音楽堂/8月の現状)
もう13年前になるんや!?


DSC_0537

次の日はダイアログインザダークへ。
http://www.dialoginthedark.com/

”まっくらな中で、五感を研ぎ澄ます。
森を感じ、水の音を聴き、仲間と進む。
まっくらやみのエンターテイメント”


これは8人ぐらいのグループで、まったく目が慣れることのない暗闇(純度100%の暗闇)の中を、白杖をもって、施設内を進んで季節にあわせた行事や遊びを行っていくというもの。
今回、5月に訪れたので、春のピクニックと種植え。公園の中を散策して、小さな鉢植えに種を植えて、最後にバーでビールを飲んで約2時間があっという間に過ぎていました。
草や土のにおい、服や草が擦れ水が流れる音や人の声、ビールの喉越しとおつまみの味、未知の物を触る感覚と人のぬくもり。視覚以外の感覚が研ぎすまされる感じがとても新鮮でした。
そして何より、コミュニケーションの密度。暗闇を進んでいく上で今自分が何をしているのか、どこに何があるのかということを声し出し合うこと、物を渡す時や案内、説明する時に手をふれあうことが非常に重要になってきます。今回友人と二人で行ったので、ほかの6名はまったくの初対面。年齢性別とそれぞれですがそういった人たちと、上のようなコミュニケーションをとる必要が有ります。正直ちょっとゾッとしますよね…(笑)でもこれが不思議とスムーズに行えるものなんです。むしろそういったコミニュケーションには安心感が有り、非常に心地よく感じました。
こういった活動って堅苦しいイメージがあったけど、非常に参加しやすいく工夫されてると思います。是非機会があれば行ってみてください。


DSC_0593

最終夜は旅友と飲みに。
特に福島のブー太郎ちゃんは心配してたけど、相変わらずのようで一安心?というか、ほんとにしんどくなった時はまた旅に出ようぞ!
結局終電が無くなってからも飲み続けて、深夜の品川を散策。綺麗に撮れてたので勝手に載せちゃいましたが、まずければご連絡くださいね、編集長。

D5000 + AF-S DX 35mm f/1.8G

ということで、大満足なGWを過ごしましたとさ。て、もう一ヶ月も前の話か…
では、夏に向けてランニング行ってきます(目標5キロ減量)!
[PR]
by powerwoods | 2011-06-11 23:18

春(鎌倉)

DSC_0308

比較的のんびりと鎌倉まで辿り着いて、人の多さにやっとGWまっただ中ということを思い出した。
辟易としながら、鶴岡八幡宮から北鎌倉の方へ抜けていくと一気に人も少なくなり快適に観光できてよかったけど、建長寺、円覚寺とか比較的アクセスのしやすい鎌倉五山にも人が少なくて、みんなどこに行ってるんやろうか?

夜行バスの疲れもあり木陰で涼んで音楽聴いたり、昼寝をしたりいい時間やった。

DSC_0325

DSC_0357

DSC_0368

DSC_0389

DSC_0381

DSC_0401

DSC_0364

DSC_0397

DSC_0420

D5000 + 18-55mm F3.5-5.6G or AF-S DX 35mm f/1.8G
[PR]
by powerwoods | 2011-06-11 15:32

春(湘南)

DSC_0285

朝食にシラス丼を食べてぶらぶら鎌倉方面へ。
山育ちの自分にとって、海辺の町の海のにおいは”ここではない場所”という感じがして、旅行中には必ず訪れたい場所。生活している土地を出てるんだなと実感できるからかな。

あと、この町の場合、自転車、バイクにサーフボードを積む用の器具がついていたり、海辺にはサーファー用の貸し倉庫が並んでいたりと、サーフィンという文化が完全に生活にとけ込んでいて面白かった。サーフィンが、この町特有の雰囲気をつくっている感じ。

DSC_0268

DSC_0254

DSC_0258

DSC_0255

DSC_0295

DSC_0286

DSC_0435

DSC_0276

DSC_0009

D5000 + 18-55mm F3.5-5.6G or AF-S DX 35mm f/1.8G
[PR]
by powerwoods | 2011-06-11 15:00

春(江ノ島)

DSC_0033

GWに関東に行ってきた時の写真。
夜行バスで藤沢について、江ノ電に乗って江ノ島へ。
早朝の人の少ない時間帯に、ひんやりとした空気が気持ちよかった。

見返してみると、相変わらずどこの写真かわからないようなものばかり撮ってるな。。
でも、そういうなんでもない風景の中にその土地の空気やにおいが感じれるような写真が撮れるようになりたいのです。

DSC_0098

DSC_0105

DSC_0123

DSC_0110

DSC_0168

DSC_0212

DSC_0213

DSC_0225

DSC_0127

DSC_0185

D5000 + 18-55mm F3.5-5.6G or AF-S DX 35mm f/1.8G
[PR]
by powerwoods | 2011-06-11 14:08