ON THE ROAD ~walk slowly~

<   2012年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

RIM TO RIM(グランドキャニオン縦断), US

先日紹介したようにグランドキャニオンの谷を挟んで北側(ノースリム)と南側(サウスリム)に観光ポイントが設けられている訳ですが、そこを繋ぐトレイルが存在します。
直線距離にして約16km程度の距離ですが、トレイルの場合だとうねうねと曲がりくねった道が主となるため39kmという距離になり、車では大きく渓谷を迂回する必要があり340kmもの距離となります。

DSC_1245
コンドルのように飛べばたったの16キロ。

上から見たら壮大すぎて何がなんだかわからないグランドキャニオン。
そこにトレイルがあるのであれば、その大きさ、深さを体感しようと歩くことを決意しました。
ちなみにノースリム、サウスリムのリム(RIM)とは縁のことで、この間のグランドキャニオン縦断のトレイルを歩くことをリムトゥリム(RIM TO RIM)と呼んでいます。

40キロ程度の距離なので、二日に分けて歩けば十分なのですが、バックカントリー入場の申請時(キャンプ泊で歩く場合は、許可が必要。詳しくは下に。)にレンジャーから今は本当に暑いので昼間の時間帯に歩くのは危険。
他にもキャンプサイトがあるので、数日に分けて歩くよう勧められたので、即答でその勧めに従うことにしました。
結果、本当に想像を絶する暑さでこの選択をして良かったと思いました。

DSC_1001

一日目、レンタカーでサウスリムからノースリムへ移動。
400キロ以上の距離になるため、急いだはずですがノースリムに着いたのは4時頃で、歩き始めたのは5時頃になってしまいました。
暑さも落ち着いて歩きやすくはあったのですが、暗くなってしまうとどうしようもないので、一日目のキャンプ地コットンウッドまで10キロほどを早足に下りました。
ここを歩いていて思ったのは、こんな崖っぷちにトレイルを作るのにどれだけの時間と労力が要ったのか?
時には崖を削り、つづら折りのトレイルがひたすら続きます。一歩踏み外せば、そのまま谷底へという場所も少なくなく、振り返るとそこには堂々とそびえる壁がそびえ立ち、どこを歩いてきたのは判然としないほど。
日は完全に落ちきっていましたが、三時間ほどで目的のキャンプサイトにたどり着きました。

DSC_1032

DSC_1015
この谷を降りてきたのですが、どこを通ってきたのやら…

DSC_1049

二日目、渓谷の谷底、コロラド川沿いのブライトエンジェルのキャンプサイトを目指し、この日も10キロほどのトレイル。
日の出とともに起きて、歩き出しました。
日が昇りきって、気温が上がりきらないうちに歩いてしまうのがこのトレイルの重要なところ。
二日目は、一日目と異なりコロラド川へ流れ出る小さな支流が作り出した狭い渓谷を歩きます。
東西に流れるコロラド川だけではなく、この数多くの支流が作り出した渓谷がグランドキャニオンの複雑な景観を生み出しているのですね。
南北に走るトレイルのため、日陰も多く気持ちよく歩くことが出来ました。
グランドキャニオンの上から眺めているだけでは想像できないような緑豊かな景色がそこには広がっていました。
ブライトエンジェルのキャンプサイトは川沿いにあり、気持ちよいサイト。
昼ごろに到着した時にはなんと45度!もあり、昼寝をしていても、本を読んでいても汗が吹き出てきます。
木陰に入っていてもその温度なので、正直すぐに熱中症になるんじゃないかという状況。
そんな時には、この川に入ってリフレッシュ出来るのが最高でした。

DSC_1066

DSC_1080

DSC_1087

DSC_1101
渓谷のオアシス、エンジェルブライトのキャンプサイト。

DSC_1103
この日は華氏110度(摂氏45度)ぐらいまで気温が上がったようです。。。

DSC_1148
耳が特徴的なミュール鹿との出会い。動物との出会いも多く、人間が彼らの住処にお邪魔させてもらってるのを実感出来ます。

三日目はいよいよキャニオンを上ります。この日も10キロほど。
早朝に出発し、コロラド川にかかった橋を渡りあとはひたすら上っていきます。
汗が吹き出てきますが、その暑さと乾いた風がすぐに汗を蒸発させ不快感はありませんが、喉の乾きは尋常ではなく2~3リットルの水があっと言う間になくなりました。
この日も10キロ程度歩いて、インディアンガーデンのキャンプサイトに到着。
暑さは谷底に比べるとマシには感じるが、それでも汗がひたすら吹き出てくる。
昼間は昼寝や読書をして過ごしました。
夕方からプラトーポイントと呼ばれる展望台へ。
ここはグランドキャニオン(サウスリム)からの見え、先日のキャニオン観光でも見ていたので、今こうしてみるとすごいところを歩いているなと実感出来ます。

DSC_1141

DSC_1108

DSC_1166
ただひたすら登ります。

DSC_1163

DSC_1205
プラトーポイントへのトレイル。

キャニオンの上から見た景色。
手前の見える細い線がこのトレイルです。
ちなみに奥に延びる細い渓谷をずっと歩いてきたことになります。
DSC_0693

四日目は最終日。この日も10キロほどですが、三日目よりさらに急な坂道をウネウネと登っていきます。
ここは一般の旅行者もデイハイクで歩くトレイルなので、軽装な観光客とすれ違い、大きなバックパックを担いでいると物珍しいのか声をかけられながら、ちょっとした達成感もあり楽しく歩くことが出来ました。
こうして改めて初日に眺めたキャニオンを自分で歩き、再度見下ろした訳ですが、「ああ、あそこを歩いたんだ」とか「あそこはあんな景色だったな」とかまた違った目で楽しむことが出来ました。
そして、午後のシャトルバスでまた4時間ほどかけてレンタカーを泊めてあるノースリムへ戻った訳であります。
余談ですが、ノースリムに戻ってからのキャンプサイトがどこも満員で途方に暮れてしまいました。
運良く同じシャトルバスだったアメリカ人教師の二人とサイトをシェアさせてもらい無事寝床を確保しましたが、特に人気の国立公園では事前の準備は怠らないことをお勧めします。

DSC_1331

DSC_1174

DSC_1150

DSC_0689
米粒のようなのがトレッカーです。

DSC_1345
ほぼゴール手前から。歩いてきた渓谷を遠くに望みます。

今回この大自然の中に入った訳ですが、それでもある程度整備されたトレイルを歩いた訳で、このグランドキャニオンを始めて発見した探検隊やこのトレイルを切り開いた人に比べるとその苦労は遥かに少ないんだなと思いました。
というよりも、歩いたのはあくまで自然の入り口に過ぎず、本当の自然はもっと強大で、恐ろしい存在で、だからこそ美しいのだと思います。凡庸な表現ですが、人間てほんとにちっぽけだなと。
今、可能な限りその自然の中に入っていきたいという願望と同時に恐怖を感じています。
これからまた世界を見て回る中で、そんな大自然に敬意を払い、真摯に向き合っていきたいと思います。

DSC_1256

<<旅情報>>
このトレイルを歩くために必要となるのが、宿泊場所。
キャニオンの底、谷を深く削ったコロラド川沿いにファントムランチという宿泊施設と無頼とエンジェルというキャンプサイトが用意されています。
ただし、いずれも定員が設けられていて、特にファントムランチは通年満室状況なので、テント泊を考えていない場合は、相当前からの準備が必要になります。
キャンプサイトも同様なのですが、今回夏まっただ中の灼熱の時期ということであまり歩くトレッカーも少なかったようで、申請日には許可を取ることが出来ました。

また、このRIM TO RIMはバックカントリー(車などで一般の観光客が入れないトレイルが整備された場所)ですので、キャンプサイト利用の申請とともに、バックカントリー入場の申請が必要になります。
通常、どの国立公園にもバックカントリーインフォメーションセンターが設けられており、そこで入場、キャンプサイト利用の許可を得ることになります。
ただし、大体どこの国立公園でも入場制限が設けられており、今回のような人気のRIM TO RIMの申請の場合、事前に許可を得た方が確実でしょう。
ファックスを送ってなど手続きが必要です。電話での予約は不可ですが、空き状況は確認出来るようです。RIM TO RIMの申請ページはこちらから。
http://www.nps.gov/grca/planyourvisit/backcountry-permit.htm
と、非常に一部の人(というか一人、笑)に向けての情報でした。

DSC_1223

DSC_1386
これはノースリムの入り口付近。

次は、ザイオン国立公園!!

D7000 + 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR

http://www.flickr.com/photos/powerwoods/sets/United States/
写真随時更新中!
[PR]
by powerwoods | 2012-07-20 08:31 | United States

グランドキャニオン国立公園, US

日本名:グランドキャニオン国立公園
正式名:Grand Canyon National Park
地域:アリゾナ州
面積:4927 km²
創設年:1919年
URL:http://www.nps.gov/grca/
備考:世界自然遺産(1979年)

DSC_0854

グランドサークル一発目の国立公園は言わずと知れたグランドキャニオン。
グランドキャニオンであれば既に行かれた方やいつか行かれる方も多いんじゃないかと思います。
フラッグスタッフから車で1時間半、ラスベガスからでも一日で観光が可能な国立公園で、アメリカ第二位の入場者数を誇る国立公園です。

DSC_0871

この一帯の大地は、約18億年間、海や森林、砂漠など様々な環境での時代を経て今に至っています。
各時代に堆積された土や砂、泥、そして当時そこに生きた動植物たちを各層にとどめています。
その土地が約6000〜7000年前に8000メートル地点まで隆起し、その後ロッキー山脈が出来上がるとともに流れの変わったコロラド川がその土地を削り始め、現在のような深い渓谷を作り上げたのです。
今後、といってもまた気が遠くなるような年月をかけて、川はさらに渓谷を削り、モニュメントバレー(今後紹介します)の様に平原に塔のような岩だけが残るかもと言われています。

グランドキャニオンの観光は主に二種類、南側に位置するSOUTH RIMからの観光と、渓谷の北側に位置するNORTH RIMからの観光とがあります。
一般的に訪れるこのが多いのは南のSOUTH RIMで、北のNORTH RIMはアクセスの悪さもあり、さらに北部の国立公園とあわせて回る場合に訪れることが多いようです。
両方訪れましたが、特にこだわりが無い限り南側のSOUTH RIMだけの訪問で問題ないかと思います。

DSC_0956

今回、到着してキャニオンを見た時の感想は、とにかく大きい。
あまりに大きすぎてあまりその大きさを実感出来ないほど。
というのも、今回到着したのは昼前後でキャニオンに陰が出来ずその実態が把握しずらいと言われているのです。
到着後、トレイルを歩いていると、時間が経つにつれてキャニオンに陰ができ、渓谷の上部は持ち上がり、谷間はさらに深く刻まれたように感じ、その大きさを立体的に感じることができます。
ガイドブックにも書かれてますが、訪問するのであれば、是非早朝か夕方の時間帯がおすすめです。
欲を言えば、ホテル(べらぼうに高いのですが…)やキャンプをして、国立公園に一泊し、ゆっくりと滞在するのがいいでしょう。

DSC_0678

DSC_0715

また特に6月〜8月の夏の時期は昼間は本当に暑いです。
昼間は食事などをゆっくりとったりお土産の購入に時間をあてるといいでしょうね。
逆に冬は雪も降るようです。まあなんとも過酷な土地ですね。

翌日の早朝も朝からキャニオンを歩いて、午後に北側のNORTH RIMへ向かいました。
北側から渓谷を下り、コロラド川から南側を上る、RIM TO RIMに挑戦したのですが、これはまた次の記事で。

DSC_0948

DSC_0902

DSC_0942

DSC_0927

DSC_0842

DSC_0686

DSC_0763

DSC_0807

D7000 + 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR

http://www.flickr.com/photos/powerwoods/sets/United States/
[PR]
by powerwoods | 2012-07-17 10:50 | United States

グランドサークル周遊, US

DSC_1838
ボナルーの後、2日ほど余韻に浸りつつ宿でノンビリして、進路を西へ目指すはアリゾナのフラッグスタッフ。グランドキャニオンの拠点となる町です。

グレートスモーキーマウンテンズでも思い知りましたが、アメリカは車社会のため公共の交通機関が全く整ってません。今回もグランドキャニオンぐらいであれば、シャトルバスやツアーで観光も可能ですが、更に北の国立公園へのアクセスはレンタカーのみとなります。
そこで、予算的には非常に苦しいのですが、2週間レンタカーをしてグランドサークルを巡ることにしました。グランドサークルとは、アリゾナ州、ユタ州の境にあるレイクパウエルを中心に半径230キロの円の範囲を指し、その円の中に10の国立公園とその他数多くの国定公園、国立モニュメントがあるのです。

今回は下記のような行程で移動しました。(2012年6月19日〜7月2日)
1日目:
フラッグスタッフ→グランドキャニオン(サウスリム)(79mile=126km)
2日目:
グランドキャニオン(サウスリム)→グランドキャニオン(ノースリム)(213mile=341km)
グランドキャニオン縦断(Rim to Rim)
3日目:
グランドキャニオン縦断(Rim to Rim)
4日目:
グランドキャニオン縦断(Rim to Rim)
5日目:
グランドキャニオン縦断(Rim to Rim)終了。シャトルバスでグランドキャニオン(サウスリム)→グランドキャニオン(ノースリム)
6日目:
グランドキャニオン(ノースリム)→ザイオン国立公園(149mile=239km)
7日目:
ザイオン国立公園ブライスキャニオン国立公園(111mile=178km)
8日目:
ブライスキャニオン国立公園キャピトルリーフ国立公園(111mile=178km)
9日目:
キャピトルリーフ国立公園キャニオンズランド国立公園アーチーズ国立公園(173mile=277km)
10日目:
アーチーズ国立公園
11日目:
アーチーズ国立公園→ナチュラルブリッジ国立モニュメント→モニュメントバレー(184mile=295km)
11日目:
モニュメントバレー→ページ(123mile=197km)
12日目:
アンテロープキャニオン
13日目:
ページ→化石の森国立公園→フラッグスタッフ(375mile=609km)
14日目:
レンタカー返却

DSC_1780

グランドキャニオンでゆっくりし過ぎたため、中盤以降、移動して公園のトレイルをできるだけ歩いて、テント泊。翌日また移動して、という忙しい感じにはなってしまいました。まあそれぞれ連泊してしまうとグランドサークルだけで一ヶ月ぐらいかかりそうな勢いなので、忙しいぐらいが丁度良かったです。ちなみに上記は公園間の距離なので、公園内を走ったりしてのメーターでの総走行距離約2100マイル(約3300キロ)。最終日は600キロも走っていたのに自分でも驚きました。

この辺の道路は渓谷近くは入りくんだ道もあるけど、ひらすら何もない土地を走り、渋滞なんてもってのほか、ブレーキを踏むことも少なく大体60〜80マイル(100〜130キロ)の早さでノンストップで走ることができます。あ、もちろん法定速度は遵守しましたよ。なので、大阪〜名古屋が200kmぐらいですか?この距離なら2時間ほどの距離ということになります。車もそこまで多くないので、神経を費やす必要もなく疲労感も少なかったです。

DSC_2212

宿泊は国立公園内にキャンプサイトが幾つかあるので、全てテント泊でした。
人気の公園はネットで予約できるようになっており、グランドキャニオンのサイトなどは数ヶ月前の予約開始すぐに埋まってしまうとか。
まあ大抵キャンセルが出て数日前にネットに張り付いていると、案外予約が取れたりはします。今回も2日前にグランドキャニオンのサイトは抑えることができました。
予約を受け付けていないサイトは全て現地での先着順。人気の公園でない限り、昼頃までに行けば、場所は確保できます。アーチーズでは、夕方ごろに着いたため、サイトが一杯になってしまってましたが、国立公園外のサイトに泊まりましたし、サイトがなく途方に暮れるということは無かったです。
値段はスペースで10〜20ドルほど。ホステルに泊まるのと同じ程度の値段ですが、国立公園内の割高なホテルやロッジに泊まることを考えると安いんじゃないかと思います。
もしアメリカの国立公園内を訪れることがあれば、是非キャンプ泊がオススメです。大抵は木々に囲まれた静かな森の中でよりアメリカの大自然を身近に感じることが出来ます。
また、リスや鹿などが出るので、食品、ゴミ、匂いのする石鹸類などはすべてフードロッカーへ入れることが義務付けられています。これがこれからの公園では、まさに熊対策のベアボックスが用意されているんですが…

DSC_1355
グランドキャニオンノースリムのキャンプサイト。

DSC_1905
アーチーズのキャンプサイト。隣にはコロラド川が流れています。

食事はワンバーナーを持ってきてるので、基本的には自炊です。
まあ、得意の袋麺(日清のオリエンタルフレーバーなんてまさに醤油ラーメン!!)や、パスタを茹でて出来合いのソースをかけたり、食パンにジャムやツナを塗ったりという程度です。
ちなみにワンバーナーのガス(プロパン?)はプリムス、MSR、ノースピーク、その他メーカーのものが割と手に入ります。(日本では推奨されてませんが、カードリッジとガスは他社製のものでも今のところ問題なしです)。コールマンは、プラグが逆なので、コールマンのカードリッジしか使えません。と、まあどうでもいい情報ですね。今後、このガスも手に入りにくくなりそうなので、ガソリン、灯油でもガンガン使えるMSRのウィスパーインナーナショナルが欲しい今日この頃。

DSC_1461

こうしてレンタカーを自分で運転していると、バスで移動している時とは違った風景が流れて行きます。
自分の目の前にひたすら延びる道路。小さな乗用車だからこそ感じる道路の凹凸。たまにすれ違う車を運転する人の表情。道を横切る動物たち。
正直なところ運転自体はまったく退屈しないとは言い切れず、バスに比べると疲労度も大きいのですが、そんなバス移動では感じることの出来ない小さな物事との出会いが新鮮に感じられます。よりダイレクトにその大地を感じれるような気がします。これが徒歩、自転車だとなおさらなのでしょう。
車での旅。嵌ってしまいそうです。

DSC_2170

DSC_2216

DSC_2211

次回から、今回訪れた各国立公園を紹介したいと思います。

D7000 + 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR

http://www.flickr.com/photos/powerwoods/sets/United States/
[PR]
by powerwoods | 2012-07-17 07:18 | United States

ボナルー・ミュージック&アート・フェスティバル, US

もう一ヶ月近く前ですが、6月7日〜10日にテネシー州のナッシュビル近くのマンチェスターという町で開催されたボナルーミュージックフェスティバルに行ってきました。
http://www.bonnaroo.com/

DSC_0570

フジロックとかに行くようになってから、海外の大きなフェスにもいつか行ってみたいなぁと漠然と考えていて、いざ旅に出るにあたりイギリスのグラストンベリーフェスティバルがロンドンオリンピックと開催時期が近いため今年は開催されないことが決定し、夏の時期にアメリカに訪問したかったので自ずとアメリカ方面に絞り込まれました。
正直なところ大きなフェスに行ってみれればいいかなと出演アーティストなどは二の次で考えてたのですが、コーチェラのチケットが数時間で完売と早々に選択肢から消えて、なら次のボナルーだな!という感じでなんとなしに決めたのが実際のところです。
が、実際、THEアメリカのジャムバンドPHISHに、今や世界を代表するバンドのRADIOHEAD、ジョンの抜けたあと賛否両論ありながらも未だにアメリカを代表ロックバンドと言っていいRED HOT CHILL PEPPERSがヘッドライナーに決定して、結果的には大正解となりました。

さて、どんな形で書いていこうか悩ましいですが、日本と海外フェスの違いなんかにも触れつつ、フジロック同様の良かったバンドの紹介と写真メインのスタイルでレポしたいと思います。

DSC_0666

まずボナルーの特徴として、ヘッドライナーの時間帯に基本的に他のステージではライブを行いません。
僕は割とメインどころを外してしまいがちなのですが、今回はヘッドライナー三組とも堪能することができました。たぶんレッチリの裏で他のバンドがやってたら完全に飛ばしてたところだったと思います。
まあレッチリはやっぱりキャリアも長く世界的に指示されてるだけあって、もうそりゃかっこ良かったです。見れてよかった!(途中結構寝てましたが…)
レディオヘッドもすごかったねぇ。花火みたいという意味も理解出来ました。これで、今年のフジでは心置きなく渋さに見にオレンジに行くことができます(エアフジ中)。
フィッシュはそらもう至福の時間。チャンスがあれば滞在中にもう一回は見たい!!
DSC_0632
レディオヘッドのセットの絵ですね。

あとはご覧になった方も多いと思いますが、ライブが生中継(一部録画)でyoutubeでウェブキャストされています。
こういうのを窓口に多くの人が興味をもって、それで満足するだけではなくて現場へ足を運ぶ人が増えればいいですね。
ネットにより世界は小さくなりいろいろなコンテンツに簡単にアクセス出来るようになりましたが、ライブでも映画でも旅行でもなんでもやっぱり現場で五感でフルに楽しむのが一番だと個人的には思っています。
ところで、こういうのって日本ではできないんですかね?権利的なもんでしょうか。
http://www.youtube.com/bonnaroomusicfest
こちらにオフィシャルのビデオがアップされてますので、またお暇な時にでもどーぞ。

コーチェラもそうだったようですが、暑い。とにかく暑い!(アリゾナの暑さを体感した今そうでもなかった気もしますが…)
DSC_0643
(結構ヤバそうな状況ですが、この後元気に踊ってましたよ、彼)

DSC_0605

なのでイベンター側も水分補給に関しては、何度もアナウンスしており会場内の至る所で水を補給することができます。
あとアメリカのフェス文化で流行ってるんかな、ハイドレーション(バックパックにプラスチックなどの水筒からチューブで水分補給をできる道具)を付けた人が半数以上いました。気候に合わせた形でブームが出来るっておもしろいですね。
こんなやつ→http://www.camelbak.jp/
正直フジではそこまで暑くならないので必要ないでしょうが、右から白ワイン、左から赤ワイン的にアルコーレーション(?)でもしてみてはいかがでしょうか?
もちろん暑いので男女ともに露出度高いです。なかなか膨よかな女性がトップレスの申し訳程度に先っぽにピアスを付けて堂々と歩いてたのには衝撃でした。。。

DSC_0591
あと会場入りする時にそうとう厳重に荷物チェックされます。
特に水分。水筒やハイドレーションの中は必ず中にカラにしなければ入れません。
中に入ればビールなどは買うことが出来ますが、度数の高いアルコールの規制なんでしょうかね。(コーチェラはアルコールゾーンがあってそこでしか飲めなかったらしい)
カメラも一眼レフは原則禁止。今回持ち込んだのですが、数回入り口で追い返されました。その割に、みんな携帯とかでガンガンステージを撮ってるるけど。
あと、葉っぱはほぼみんなやってんじゃないかってぐらいどこでも薫ってました…卑猥な形のパイプ屋さんも異様に繁盛してました。。

DSC_0584
日本ではポイが流行ってますが、こちらではまさかのフラフープ。
小さめのフラフープを持ってくるくる回したり、電飾付きのフラフープのあり奇麗でした。

何かと日本と違いがありますが、まあ音楽があれば世界は一つ。お客のノリもいいしあっという間の四日間でした。
どこでもグッドミュージックが流れていたけど、特にBon Iver, THE WORD(John Medeski, Robert Randolph,NMA), Dispatch, Phish, Afrocubismがすごかったなぁ。
(埋め込みが出来ないのでyoutubeリンク)
Bon Iver
THE WORD(John Medeski, Robert Randolph,NMA)
Dispatch
Phish
Afrocubism

最後に今回一日だけ一つのテントをglobalFESTというニューヨークのワールドミュージック系のイベンターが仕切っていたのですが、そこで見たRed BaraatやDebo Bandなどは面白かったです。
ワールドミュージックファンは要チェックですぞ!!
http://globalfest-ny.org/

裏話。
今回フジロック友のベーやんにカーシェアしてもらったのですが、先日の初レンタカーのどこで自信をつけたのか会場までの一部を運転していると、突然反対車線を走っていたパトカーが目の前でUターンしようとしました。
あぶねえなあと思っていると何故か青いランプを光らせて後ろに付いてくる。
まさかと思って止まってみると、20マイルほどのスピード違反!?えぇ、周りの流れに乗って走ってただけやのに。
が、幸運なことに国際免許証で運転していたこと、車には英語のわからない日本人しかいないと思われたこともあって、「Be carefull, Slow Down!!」とだけ言われて見逃してもらえました。
ふう、焦った〜お騒がせしてすいませんでした。
これがあったお陰で先日のグランドサークルは安全運転が出来ました。

裏話2。
中学時代の同級生と再会!すごいね、こんなところで。
でも、携帯が繋がりにくく思うように会えず残念でしたね。
またボストン遊びにいくわ〜

DSC_0597
キャンプサイトはこんな感じで。車ごと突っ込んでその横でテントを張る。RVパークもあり快適そうでした。

DSC_0600

DSC_0561

DSC_0608

DSC_0637

DSC_0647

DSC_0577

DSC_0547
SEE YOU SOMEDAY, BONNAROOOOOOOO!!!!!!!

D7000 + 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR or AF-S DX 35mm f/1.8G

http://www.flickr.com/photos/powerwoods/sets/United States/
[PR]
by powerwoods | 2012-07-03 11:30 | United States