ON THE ROAD ~walk slowly~

<   2012年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

モニュメントバレー, US

日本名:モニュメントバレー
正式名:Monument Valley
地域:ユタ州/アリゾナ州
面積:371km²
URL:http://www.navajonationparks.org/htm/monumentvalley.htm
備考:ナバホ居住区(Navajo Nation Reservation)内に位置する

もはやブログの存在も忘れられてそうですが、しれっと更新していきます。
実際に訪れたのは6月後半ですが、10月22日現在私はカナダのトロントにいます。23日の便でメキシコシティーに飛ぶことにしました。
グランドサークルの後はアメリカ西海岸の国立公園やアラスカ、カナダを旅行しましたが、その報告もしっかりしていきますので、また覗いてもらえれば幸いです。

DSC_2287

アーチーズ国立公園の後に訪れたのは、映画やCMなど日本人にもお馴染みのモニュメントバレー。
アメリカの原風景と言われてこれを想像する人も多いのではないでしょうか。
アリゾナ、ユタ州の砂漠で車を走らせていると、何故か日本人の自分にとってどこか懐かしい風景に出会えます。
モニュメントバレーもその一つで、テレビや写真がいつのまにか意識の中に刷り込まれているのでしょうね。
それだけアメリカという国の日本人への影響は計り知れないのだなと、思い知らされました。
バックトゥーザフューチャーやインディージョーンズなど個人的に大好きな映画の撮影も行われたとあって、その意味でも訪問出来て嬉しかったです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/モニュメントバレー

DSC_2386

ここのアメリカンインディアンのナバホ族の居住区に指定されていて、また彼らの聖地でもあるため彼らを尊重する形で観光することが非常に重要になります。
まず公園内に入る際に入場料を支払い、メサやビュートと呼ばれる岩山が立ち並ぶ中心部をドライブすることになりますが、一部一般の車両も入ることができますが、道路の舗装はほとんどされておらず四駆でなくては走れないところや、ツアー車両でしか入れない地区もあるので、少々高いですがツアーに参加したほうがベターでしょう。
ガイドはナバホ族の人々が付いてくれるので、彼らの伝説や現状などを聞くというだけでも面白いと思います。

DSC_2382

今回、案内してくれたナバホ族のガイド。
アジア人と言われても納得してしまいそうな顔立ちで、親近感が湧きました。
正直観光地化された雰囲気に少し辟易としていたのですが、紳士的に対応してくれて非常に有意義な時間を過ごせました。

DSC_2336

DSC_2339

公園内には岩絵や祭事を行った場所などもいくつかあります。
個人的にはメディアでもてはやされているようなパワースポットブームは胡散臭く感じてあまり興味はないのですが、やはりこういう場所に来ると過去の人々があるものに神や霊的なものが宿っていると考えたり、神聖な存在との交信の場所に相応しい場所と考えたことなどにも納得できる気がします。

DSC_2318

DSC_2387

DSC_2325

DSC_2383

DSC_2243

DSC_2231

DSC_2262

次は、アンテロープキャニオン。写真を選んでいてちょっとエラいことになっております。乞うご期待。

D7000 + 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR

http://www.flickr.com/photos/powerwoods/sets/United States/
写真随時更新中!
[PR]
by powerwoods | 2012-10-23 07:27 | United States