ON THE ROAD ~walk slowly~

The Phillipines(英語留学)

今、アメリカ、アリゾナのフラッグスタッフに居ます。グランドキャニオンの拠点となる町です。

DSC_0025

そういえば、このブログもすっかり放ったらかしで、フィリピンの報告でも書こうかと思っていたのですが、留学から帰国後早二ヶ月があっという間に過ぎてしまいました。
ちょこっとした報告はfacebookの報告してますので、そちらをご覧ください(直リンクもあれなんで、本名、メールアドレスから探してください)。
フィリピンで素晴らしい経験をしたのでその報告と、備忘録的にも今更ながら記事を簡単にでも書き残しておこうかと思います。

前回からの流れで言うと、12月10日に東北から大阪に帰ってきて、すぐにフィリピンへ発ちました。
マニラ到着後、フィリピンの軽井沢と呼ばれるバギオという町へ。
ここで二ヶ月間、学校に通い英語を勉強しました。
その後、環境を変えて更に集中するため、マニラに比較的近いアンヘレスシティーの学校へ。ここはかつて米軍基地があった町で、米軍撤退後もアメリカ人が多く残っているため、ネイティブの授業も受けることが出来ました。
ここでも二ヶ月間近く勉強し、帰国前の10日間ほどをフィリピン国内の旅行を楽しんだというのがだいたいの流れです。

DSC00857
キュートな先生レイアリーンと

まず、何故フィリピンで英語だったのか?
最近メディアでも取り上げられはじめてますが、フィリピンは政府が英語を第一言語に指定しており英語のレベルはアジアではトップレベルなのです。
そこに目を付けたのが内需の限られる韓国で、韓国の資本が20年前ほどからフィリピンに語学学校を設立し、そこで社会人や学生を勉強させ始めたという訳です。
メリットはなんと言っても、費用面とシステムです。欧米やオセアニアに比べると人件費が格安なため、マンツーマンの授業が一般的で、その点英語アレルギーの人には周りを気にすることなく授業を受けることができます。
先生の英語のレベルはというと、アメリカ人などネイティブの先生に言わすと発音の問題やちょっとした間違いはあるみたいですが、まあ初、中級者にとってはまったく気にならないレベルかと思います。
そんなことを気にする前に、どんどん英語を使って少しでも英語に慣れていけばいいと思います。
まあこの辺の詳しい話はこちらをご参照ください。
語学留学の新潮流、フィリピン格安留学をレポート!(1日6時間マンツーマンで3食付いて月額10万円)

やはり大きいのは料金。
授業料、寮、食事がすべて込みで月々10万円前後で留学が可能なのです。
欧米、オセアニアに比べると破格の値段ですよね。
韓国などではフィリピンに数ヶ月間留学してから、欧米、オセアニアへの留学に行くという流れが出来上がっているようです。
学校もスパルタ(生徒間の会話もすべて英語を教養、夜間外出禁止、一日10時間以上の授業など)の学校から夜間外出可能な規則の緩い学校など様々などので、自分の希望にあわせて学校を選ぶこともできます。
最近では大手の留学エージェントもフィリピンの学校の紹介を始めてるので、そこから学校選びをしていくのもありですね。

DSC_0258
部屋は2人部屋でこんな感じ。

ほとんどの学校は教室、寮、食堂などが併設されているので、もう一日中英語の勉強に集中できます。
一度社会人を経験した自分にとっては、これだけ一つのことに集中できる時間というのは一生無いと思ったので、それだけ英語に没頭できるのが楽しくて仕方なかったです。

もう一つ良かったのは、同じ留学生のモチベーションが非常に高かったこと。
韓国人、日本人が中心ですが、韓国人は学生、兵役終了後に来てる子が多く、就職に向けて英語をひたすら勉強してました(就職にはTOEICのスコアが必須らしいです)。
日本人は学生と転職の合間や仕事を辞めて英語を勉強しに来た子が多く、みんなそれなりに危機感を持ってたように思います(え、違う?笑)。
ワーホリもいいですが、フィリピン留学も費用対効果で言えば、非常に高いと思いますよ。

といっても、日本で働いているとなかなかまとまった休みが取れないのが実情。。
このフィリピン留学と同じ流れで今フィリピン人講師とのスカイプ英会話も流行始めてますね。
月5000円で毎日手軽にスカイプでフィリピン人の講師と話すこともできます。
スカイプ英会話のパイオニア的なレアジョブという会社のリンクを張っておきますが、ここもいろいろなサービスが出てきてます。興味のある方は是非。
http://www.rarejob.com/

と、そんなこんなで、4ヶ月勉強してアメリカに乗り込んだ訳ですが、やはり一言語を学ぶというのはそんなに甘くないなというのが実感です。
不自由ある訳ではないですが、特に聞き取りに難あり。
これから旅を続ける中で、よりブラッシュアップして行きたいと思います。

裏話。
フィリピン人講師の中で看護師の資格をもった先生が非常に多いです。
特に英語を勉強してきた訳ではないんですよね。もちろん英語学を勉強していた先生やマスコミ系の先生もいましたが。
数年前にフィリピン政府として、外貨獲得のため看護師の海外勤務などを奨励していた時期がありました。日本にもフィリピン人の看護師の受け入れのニュースがありましたよね。
フィリピン国内よりよい給料がもらえるため多くの大学で、看護学科が設立され多くのフィリピン人が
資格を取得した訳ですが、不況の影響もあり看護師として海外で働くことが非常に難しくなってしまいました。
フィリピン国内で看護師として働くのは非常に薄給のため、海外で働くことを視野に入れつつ国内でも需要の上がってきている語学学校での講師をしているという訳です。
そのため、あくまでパートタイム的に講師として働いている訳ですが、看護師の資格を持った先生に限らず国内でも学歴が高い人が多く、英語のレベルは安心してもらっていいと思います。(英語を教えることの上手い下手はありますが)

ではでは、次回以降やっとアメリカ編が始まります(笑)。

DSC_0285
フィリピン名物ジプニー

DSC_0159
新年の幕開けは町中からあがる花火

DSC_0037
ビーチも近くに

DSC_0592
棚田で出会った少年

DSC_0626
バナウェイの棚田

DSC_0683
無念のマヨン火山

DSC_0723
ベースキャンプから。翌日には大雨で山頂間際で撤退…

DSC_0318
フィリピン経験者なら笑える、おまけ。超有名チェーン?のマックドリビー(笑)
(解説。フィリピンにはジョリビーというほんとにどこにでもあるファーストフード店があります。某米系有名チェーンとのコラボ店ですね。)

D5000 + 18-55mm F3.5-5.6G or AF-S DX 35mm f/1.8G
[PR]
by powerwoods | 2012-06-17 13:51