ON THE ROAD ~walk slowly~

藤枝、岡部、丸子、府中、江尻、興津

a0073360_662551.jpg

こんばんわ。
昨日8月13日は54000歩の34キロ歩き、興津に到着です。

朝は例のテレビデオならぬ、テレパソベットで七時すぎまで寝てしまう。
いやはや、この旅二番目いやホテルのベットより快適なベストオブ寝床だったかもしれません。
毎度のことながらの延長料金は気持ちよく払ってやりましたよ。

今日は薄曇りのなかまず岡部へ。
トリビアですがゴン中山の実家はこの岡部の東海道沿いに、中山何たら右衛門家として残ってるらしいです。
まあ見つけられなかったのですが、代わりにゴン企画なる会社を発見!
はて、関わりありか?

岡部を抜けると軽く峠を越えて、丸子(マリコ)で、丁子屋のとろろ汁を食らう。
期待していた冷や麦的なさっぱりとしたのではなく、卵ご飯的なこってり系でした。
まあ、昔の旅人もこれを食べて力をつけたらしく、老舗の店の雰囲気とを合わせばなかなか良かったよとお勧めできます!
そしてとうとう静岡の半分静岡に到着し、先を急ぐためひたすら東へ。
清水を通り越して、興津に到着し時にはもう日が暮れてしまっていました。
次の薩た峠から富士が一番きれいに見えるらしく、夜歩くのはもったいないということで、今夜はここまで。
まず、もう着る服がないのでコインランドリーへ行って、お洗濯。
汚れ物入れが化学的な刺激臭を放っていました。
汗と涙が高温高圧化で化学反応を起こしたようです。

さてさて、洗濯は無事済み、問題は寝床です。
ここ興津は峠前のど田舎で、寝れそうなところが見当たりません…
さ迷い歩いていると、瑞泉寺というお寺さんが目に入る。
よしっ、ここだと思い、ドアをノックする。
何度かの呼びかけの後、出てきたおばあちゃんに庭で寝かしてくれないかとお願いしたところ、なんと本堂へ通されました。
おばあちゃん曰く、お盆で仏さんがいっぱい帰ってきていて、楽しいよーとのこと…
生憎、わたくしそっち方面はまったく疎いもので、喜んで寝かせていただきました。
またまたいい寝床にありつけました。

最後に一言。
静岡県の皆さん、大好きです。
[PR]
by powerwoods | 2006-08-15 06:06