ON THE ROAD ~walk slowly~

三島、箱根、小田原

幾億の足音が
坂に積もり
吐く息が
谷を埋める
我が箱根にこそ

司馬遼太郎

こんばんっわ!
ひさしぶりのリアルタイム更新です。
今日は52000歩の32キロ歩き、箱根峠をなんとか超え、神奈川県に突入し小田原に到着です。

朝いつものようにコンビにでパスタとパンを食って(なんか最近食う量が半端ないです。。。)、いよいよ箱根の峠に取り掛かりました。
上り始めて10分ぐらい、後ろを振り返ってみてびっくり昨日以上に美しい富士山が背後にありました。
a0073360_0231313.jpg

うっし、今日もいいことがありそうだとひたすら登りまくる。
登っているうちに雲が出てきて肌寒くなり、ポツポツと雨も降り出し、箱根の恐ろしさを垣間見ました。
ここの旧道はほとんどが石畳で足への負担は尋常ではありませんでした。
a0073360_016278.jpg

しかし、まあ面白い道が多く、昼には箱根峠の最高地846メートルまで登り、勢いで芦ノ湖まで下っていきました。
お盆だからなのかそこには観光客の山、山、糞ゴミの山…
関所跡なんかをゆっくり見たかったのに、もうなんだか白けてしまいました。
もちろんサッカーシャツにバックパックの杖を持った私は白い目で見られましたが…
なんだか、いらいらしながら、早速下りの道へと突入。
はじめは順調に下っていたのですが、一時間ほど下ったところで太ももの前の部分と半月版の間が猛烈に痛み出しました。
去年の終わりにパタゴニアでトレッキングしていたときも、下りの道で膝をやられてしまいました。
そのときも泣く泣く足を引きずりながら下山したのですが、今回も十キロぐらいの距離を何度も諦めそうになりながら杖に体重のほとんどを預け、ほんとボロボロになって下山しました。

もう歩きたくない。
それが本音ですが、もう体もボロボロですが、東京まであと約80キロを気合だけで歩いてみせます。
もう負けません!!

今夜は疲れを最大限癒すためにスーパー銭湯で泊まります。
夕風呂、朝風呂に加え、マッサージチェアー、完全に横になれる休憩室で明日足がなんとか動くことを願います。

しかし、箱根はほんとに恐るべし。
道の悪さ、坂の急さ、天気の変わりやすさなど、まさに天下の険のなに相応しい峠だと思います。
是非、一度チャレンジを!
[PR]
by powerwoods | 2006-08-16 00:16